• [2001年08月28日(水曜)]
  • 前田利家音頭の古木秀佳さんが来館
  • 昨年NHK大河ドラマで「利家とまつ」が決定した折
    利家公の出身地である名古屋市中川区の盛り上がりの中から生まれたのが「前田利家音頭」であり、
    その曲をを最も良く歌うのが、ビクターの歌手で名古屋を中心に活躍されている古木秀佳さんなのです。

    だから、利家公の縁で交流するのは、金沢の尾張町!を一番に......
    ということで、まず尾張町の石野専務理事さんに会ってから、お二人揃って来館されました。
    さすが歌手、蓄音器から流れる流行歌を熱心に聴く時は、笑顔の中にもきっちりプロの姿となっていました。
    オルゴールを買ってくださったり、「(利家とまつ)のぬいぐるみを探しているの」とオフを楽しんでおられ、石野専務理事の案内で早速製造元へ向かって行かれました。