一品ミニ美術館・山田時計店
山田時計店
平成5年開館 尾張町2-10-15


■ちょっと豆知識

『精工舎:八日巻置時計』ってなんや?
・昭和2年製で、一回ネジを巻くと独特の振り子も動き、八日間はそのまま使えたという、当時では高性能の置時計のことです。
八日巻置時計

山田時計店内部
■その他にも下記のような品を展示しています。
名前をみてどんなものか分かりますか?

・明治5年の金貨
・明治の商売願いの石川県令宛の書類
・引き札
・創業当時の両面看板
・明治後期の蝋管式蓄音機
・明治からの懐中時計や置時計、掛け時計

[石野テント] [佐野商舗] [ふとんのタカハシ] [山田時計店] [文真堂]
[森忠商店] [村松商事] [松田文華堂] [タカシキ] [三田商店] [光画社] [金沢蓄音器館]


[一品ミニ美術館に戻る]


尾張町商店街に戻る