一品ミニ美術館・松田文華堂
松田文華堂
平成9年開館 尾張町1-9-14


■ちょっと豆知識

『筆立て(ふでたて)』ってなんや?
・使っている最中の筆を、一時的に
 入れるもの
・毛を下にして、墨がすぐに乾かない
 ようにする
・乾いた毛を上にして入れるのは、
 筆筒といわれる

筆立て
     『筆立て』

松田文華堂内部
■その他にも下記のような品を展示しています。
名前をみてどんなものか分かりますか?

・筆の形をした衝立看板
・看板(「宮内省ご用達」 と銘記)
・「起鳳」の掲額(十三代前田斉泰公の書)
・百付け(引出しのいっぱいある商品棚)
・金巻き主臣墨
・古銅の水指
・筆筒
・筆架
・筆巻き
・特大の硯
・石川県下商工便覧の和本
・製作中の筆軸
・そろばん(五つ玉)
・店名の額(海保青陵の書)

[石野テント] [佐野商舗] [ふとんのタカハシ] [山田時計店] [文真堂]
[森忠商店] [村松商事] [松田文華堂] [タカシキ] [三田商店] [光画社] [金沢蓄音器館]


[一品ミニ美術館に戻る]


尾張町商店街に戻る